Breaking Trend

新しい社会をともに生きる

史的唯物論(唯物史観)とは わかりやすく簡単に解説

史的唯物論とは何か 「分かりやすく一言」


「歴史の発展の原動力は、物質的生産力と経済的構造にある。」という思想

※そして唯物史観とは同義






史的唯物論とは何か  「もう少し詳しく」

歴史を動かしている動因のすべては経済の力学で説明可能であり、人間の感情や欲望、偶然の作用、といった経済以外の諸々の要因は介在していないモノとみなして無視する歴史観

偶然がないからこそ、歴史の流れはすべてが必然であり、社会の大きな流れとして未来がどうなるかも完璧に予測できる。





史的唯物論とは何か  「さらに詳しく」

唯物史観は、共産主義者マルクスによって提唱された。
共産主義の正当性を主張するための考え方が唯物史観


史的唯物論によれば、
①すべての社会では生産力が向上して富の余剰エネルギーが溜まると必然的に資本主義社会が形成される
②必然的に資本家による労働者への搾取が発生
③必然的に労働者階級によって資本家を妥当する革命が発生
④必然的にすべての社会で、最終形態である共産主義社会が誕生
というメカニズム。


マルクスは、共産主義の正当性を主張するために、「史的唯物論によって完璧に予測した未来では、世界中が共産主義国家なるはずだ」と言いたかったのだ。








breaking-info.online

politics-news.hatenablog.com
politics-news.hatenablog.com
politics-news.hatenablog.com
politics-news.hatenablog.com